児童手当制度 支払われる金額は?2022年度の支給日は?支給対象者は?

育児

日本には児童手当制度が整っており、児童に応じて市町村から児童手当が支払われます。

具体的にどの程度の金額がいつ頃支払われるのか?みていきましょう。

支給対象者

15際の誕生日後の最初の3月31日まで(中学卒業まで)の児童を養育している方

支給額

児童の年齢児童手当の額(一人あたり)
3歳未満一律15,000円
3歳以上小学校卒業10,000円
(第3子以降は15,000円)
中学生一律10,000円

ただし、所得が所得制限上限額以上の場合は特別給付として5000円/月支給されます。

所得制限

※扶養親族等の数は、所得税法上の同一生計配偶者及び扶養親族並びに扶養親族等でない児童で前年の12月31日において生計を維持したものの数。
扶養親族等の数に応じて、限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)又は老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額となります。
※「収入額の目安」は、給与収入のみで計算しています。あくまで目安であり、実際は給与所得控除や医療費控除、雑損控除等を控除した後の所得額で所得制限を確認します。

スポンサーリンク

支給時期

原則として、毎年6月、10月、2月に、それぞれの前月分までの手当を支給します。

具体的な日程は市町村毎に異なるのでお住まいの市町村HPを確認下さい。
例)10月の支給日には、6~9月分の手当を支給

認定請求に必要な添付書類

  • 認定請求書
  • 申請者の金融機関の預金通帳等(申請者の名義のものに限ります。配偶者や児童のものは使用できません。)
  • 申請者の健康保険証のコピー(厚生年金や共済年金等の被用者年金加入者のみ必要)
  • 申請者と配偶者の個人番号(マイナンバー)確認書類・窓口にこられる方の身元確認書類

15日ルールって?

申請は、出生や転入から15日以内に!

児童手当等は、原則、申請した月の翌月分からの支給となります。

ただし、出生日や転入した日(異動日)が月末に近い場合、申請日が翌月になっても異動日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給します。

例:4月26日に出生した子の児童手当・特例給付認定請求書を5月8日に提出した場合
                      ↓ 

5月の請求なので、通常6月分の手当から支給となりますが、出生した翌日から数えて
15日以内なので、特例で5月分からの支給となります。

申請が遅れると、原則、遅れた月分の手当を受けられなくなりますので、ご注意ください。

<お子さんが生まれたとき>
出生の日の翌日から15日以内に、現住所の市区町村に申請が必要です!
※里帰り出産などで、母親が一時的に現住所を離れている場合も、現住所の市区町村への申請をお忘れなく!

<他の市区町村に住所が変わったとき>
転入した日(転出予定日)の翌日から15日以内に転入先の市区町村へ申請が必要です

現状届について

現状届けについては下記を確認下さい。

以上、児童手当制度の内容でした。

参考:https://www8.cao.go.jp/shoushi/jidouteate/annai.html

育休中の過ごし方についてはこちらから

コメント

  1. […] 児童手当に関してはこちらを確認下さい。 […]

タイトルとURLをコピーしました