【活動報告】朝食抜きダイエット1週間続けてみた。やってみて分かったメリット・デメリット

ダイエット

朝食抜きダイエット流行っていますよね。

朝食抜きダイエットって意外とメリットがたくさんあります。

こちらの記事より確認してみて下さい。

ダイエット食事編。朝食は抜くべき?食べるべき?朝食抜きダイエットのメリット・デメリットを紹介 (3810blog.com)

さて、実際に行った1週間行って感じたメリット・デメリットを紹介していきます。

実際に行ってみて感じた朝食抜きダイエットのメリット

集中力の増加

私にとっては間違いないことでした。

朝食抜きダイエットをしていた時期が月初と言うことも有り、仕事が立て込んでいました。

いつもなら1日かかるような仕事も集中出来たお陰で半日で終わり、効果的だと感じました。

体重減少効果

体重減少効果もありました。直近1週間で2kgの減少が見られました。

体が軽く感じます。停滞期だった体重減少ですが、一気にすすみました。

夕方まで元気に過ごせる

これは意外な効果でしたが、夕方までいつも以上に元気に過ごせました。

夕方まで元気に仕事をし、夕方は妻と一緒に運動できました。

夜も集中力を継続することが出来ました。

実際に行ってみて感じた朝食抜きダイエットのデメリット

空腹感に耐えきれなくなりそう

空腹に耐えきれなくなりそうと感じる瞬間が多々ありました。

家にすぐに食べられるものがあればたぶん食べていました。

でも、空腹こそ最強のクスリ!と自分に言い聞かせて空腹感を耐えていました。

※空腹とはいえ、集中力はいつも以上にありました。

昼食の時間が早くなる

いつもは、13時頃の昼食でしたが、11時頃に昼食を食べたくなります。

仕事の関係で毎回11時に食べることは難しいですが、昼食を早めるようになりました。

昼食の量が増える

朝食を抜いているから当たり前かも知れませんが、普段の昼食の量では足りなくなりました。

仕事が忙しいことが多かったので、昼食に時間をかけられずいつも以上の昼食を取ることはありませんでした。

しかし、これがそれほど仕事が忙しくない日は食事量が増えてしまいそうです。

朝の寝起きが悪くなった

寝起きは普段良い方なのですが、朝食を抜くと決めてからは寝起きが悪くなりました。

今までは何食べよう?!と起きていたことがよく分かりました。

朝起きても何も食べ物がないなら、起きようという気が減ってしまいます。笑

加えて、朝の機嫌が悪くなってしまいました。低血糖だからでしょうか?

朝食がないことがよっぽど辛いからでしょうか?

朝の時間に余裕が出ない

以前の記事で、朝食を抜くと朝の時間に余裕が出来ると書きました。

私の場合これは違いました。

息子を送り出す直前まで布団から出られなくなってしまいました。

たぶん、妻は怒っています。

今後、どうするか?

今後、どうするか?ですが、ここから1ヶ月ほど継続して朝食を抜いてみようと思ってます。

下記の記事では半年朝食抜きダイエットを行ったそうです。

朝食抜きダイエットの効果!半年やってみた私の感想! | 最旬トレンド情報局 (xn--fdkc8h2a1876bedfmxim5k7mc.com)

長期間行うことで、より効果が出るのでは無いかと思ってます。

また、1ヶ月後に変化をお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました